2008年07月05日

弁護士より儲かる商売

週刊報道情報というサイトがあるんだが、そこで期間限定で書かれている情報なんだが、こういう話があるわけだ。

元弁護士の肩書でIT関連若き経営者の法律面でのアドバイザーを務める一方経営コンサルタントとして企業買収、新規上場、土地・株取引にも手を広げている人物が、多くの軋轢をかもした結果多数の糾弾文書の標的になっている。 たとえば<楽天、孫、宮内等、全体をコントロールするマネージャーが、広域暴力団会長のコンサルタント…>と言う文書がある。

アメリカの巨大資本とも接点を持ち、国内の企業に資金導入しているのがこの男と、文書は言う。

で、続きを読みたければオカネ払ってね、というわけなんだが、まぁ、たいていの事は調べれば判る事なので、調べてみた。で、こんなサイトが出てくるんだが、


大企業が公表を妨害した情報というんだが、そこで日本乗っ取り軍団「村上ファンド」の正体、というんだが、こんな事が書いてある。

村上ファンドの資金源は.40%がオリックス.20%が山口組系後藤組(組長は逮捕).他が楽天等を窓口とした外資

今回.後藤が逮捕されたため.オリックスが怯え.村上から手を引いた。村上もシンガポールに逃げ出した。

 村上の金融操作は単純で.不動産のダイナシティ等の株を村上が買い占め.一部をライブドアの堀江に渡し.堀江に企業を買収させ.マスコミで話題を作り.株価が上がった所で村上と堀江が株の一部を売り逃げる.インサイダー取引。

資金は直接にはオリックスの宮内.楽天の三木谷.ソフトバンクの孫正義から出ている。宮内を中心に.大臣の竹中平蔵が.このグループの海外取引仲介のアドバイザーとなっている。

で、まぁ、怪文書なんで中身はどうでもいいんだが、面白いのは、ここで名前が出ている人が、ネットで調べてもなかなか出て来ないわけだ。

で、調べているうちに判明したんだが、上記の文章には誤植がある。わざと誤植した可能性が高いんだが、というのも、そこに書かれている
名前が間違えているわけだ。

で、補助線なんだが、こういう人がおりまして、

1955年3月7日生まれ。'73年3月、大阪府立天王寺高校卒業。同年4月、東京大学入学。'77年10月、司法試験合格。'78年3月、東京大学法学部卒業。'80年4月、司法修習を終了し第2東京弁護士会登録。'94年11月、弁護士業務を終了し、株式会社井上ビジネスコンサルタンツ、株式会社マルチメディア総合研究所を設立、ビジネス・コンサルタンツ業務を開始する。


ご立派な肩書きで素晴らしいんだが、グーグルでこのお方の名前を検索してみると、Google 宛に送られた法的要請に応じ、このページから 1 件の検索結果を除外しました。というのが大量に出てくるわけで、まぁ、そういう事です。

井上智司氏。
posted by 伊藤園 at 02:05| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。