2008年07月05日

オワイ屋

日本環境保全協会というのがあるわけだ。東京には東京環境保全協会というのがあるんだが、どちらも、会長さんは「宇田川」というんだが、この宇田川さんという家は、由緒正しいオワイ屋さんで、オワイ屋さんというのは自治体から委託される許認可事業なので、一種の「利権」になっているところがあるわけだ。

なんせ、物凄く儲かるというほどじゃないが、景気不景気関係なく、一定の収入があり、競争がない。新規参入がない業界なのだ。

で、むかしはヤクザがそれに眼をつけて荒らしたりしたんだが、ヤクザもこの業界に来ると大人しくなってしまう。オワイ屋にちょっかい出すようなヤクザはカネに詰まったチンピラなので、そこそこ稼げるようになるとそこで定着してしまうわけだな。なんせ自治体の許認可なので、あまりハメを外すと認可が取り消される。金づるは大事にしよう。

で、今では全国各地にし尿処理場があって、そこでし尿は処理されるんだが、かつては処理場が足りなくて、川に投棄したり、マンホールの蓋あけて下水道に投棄したりしたもんだ。

違法なんだが、ウンコの持って行く場がないので自治体も黙認。つうか、2007年までは日本の各地で海洋投棄というのもやっていた。伊豆では西伊豆が最後までやっていたのかな。

で、東京でも割と最近までし尿の海洋投棄というのはやっていて、宇田川さんちがやっていたので、宇田川艦隊と呼ばれたもんだ。これ、ネットには出て来ない豆知識な。

外洋に投棄されたウンコは魚の餌になるので、海洋投棄は必ずしも悪い事ばかりではないんだが、まぁ、今はもうそういう時代ではないんだけどね。で、一方で畜産でもし尿というのが発生するんだが・・・
posted by 伊藤園 at 03:02| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。