2008年07月12日

ファニーメイとフレディマック

なんだかねぇ、シティバンクが潰れるとか、GMが潰れるとか、色んな話があるんだが、今度はファニーメイとフレディマックだそうで、変わった名前だが、アメリカの住宅金融公庫みたいなもんです。

(NYタイムズ)電子版は10日遅く、ブッシュ政権の複数の高官が、政府系住宅金融大手のファニーメイ(FNM.N: 株価,)とフレディマック(FRE.N: 株価, )について、問題が悪化すれば1社もしくは両社を政府の管理下に置く計画を検討していると報じた。この計画について説明を受けた複数の関係筋の話として伝えた。

以前、危ないよという話を書いた覚えがある。Walk in the Spirotというサイトによれば、ここが発行している債権というのがあって、
米国債に準じるモノとして流通しているわけだ。

それが何故か、日本にも入り込んでいるのだそうで、『ファニーメイ債などは政府機関(エージェンシー)債と呼ばれ、米国債に次ぎ安全度が高いと世界中の投資家が購入している。外国人による保有額は九千八百億ドルに達するが、格下げがあればその資産価値に疑問の目が向けられることになる。日本はエージェンシー債では中国に次ぐ買い手。ファニーメイなど資産担保のエージェンシー債保有額は八百五十億ドルにのぼる。日本の金融システムも無視できない含み損を抱えることになる。』

日本の関係者が持っているだけで9兆円の不良資産だそうで、今度はコレが踏み倒されるらしいです。

ファニーメイとフレディマックが破綻すると、両社の株は紙くずになるのは確実,なんだが、全世界では100兆円の不良資産だそうで、いやいや、サブプラ問題って終わったんじゃなかったの?と思うんだが、この両社はサブプラとは関係ないです。むしろ優良債権だったはずなんだが、この両社の債務を政府が抱え込むと連邦政府の債務が倍増するのだそうで、やっぱり
100兆円踏み倒しだそうです。

まぁ、こんな具合なので、株も為替も信用ならんわけだ。必然的にカネは現物市場に流れる。原油や小麦が騰がるのは、理の当然というわけだ。
posted by 伊藤園 at 15:44| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。