2008年07月19日

CITI

CITIがオカシクなったのは、別に今に始まった事じゃないわけで、去年の10月からオカシクなっていたという話があるわけだ。

で、ちっとは改善されたのかといえば、全然であって、とりあえず損失を「レベル3」という分野に押し込めて「損してない」と言い張ってるだけ。それでも誤魔化しきれない分だけを表面にチビチビ出して来ているわけだ。

で、とうとう累損が5兆円に達しましたという目出度い話なんだが、またぞろ売国奴が、日本はアメリカ様にカネを貢ぐべきだと騒ぎはじめているようなんだが、とっとと売国奴ケケ中を外患誘致罪で死刑にしてください。


★シティ、累損5兆円突破 サブプラ損失、世界最大
米銀大手シティグループが18日発表した2008年4−6月期決算は、サブプライム住宅ローン問題に関する損失が70億ドル(約7500億円)以上に膨らんだことから、純損失が24億9500万ドルとなり、4半期ベースで3期連続の赤字となった。
同問題が本格化した昨年夏以降の関連損失は累計で約500億ドル(約5兆3000億円)を超え、サブプライム関連では世界の金融機関で最大規模の損失となる見込み。
サブプライム関連では、17日に米証券大手メリルリンチが約97億ドルの巨額の損失を計上しており、長期化する信用収縮による米金融機関の経営悪化への懸念が強まっている。
シティの赤字額は市場予想を下回ったが、4四半期連続で巨額のサブプライム関連の損失を計上したことになり、一段の資本増強などに迫られる恐れもありそうだ。
ほかの金融機関と比べて、サブプライム関連の金融商品などを多く保有しており、長期化する信用収縮の影響でこれらの評価損が膨らんだ。
posted by 伊藤園 at 16:48| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。