2008年07月21日

不動産業界に大不況

不動産業界に大不況という話はずいぶん書いて来たんだが、
「金、モノの動きがピタリと止まっている」
こう語るのは、ある投資ファンドの代表。

「マネーを司る金融の動きが最近、おかしくなっている。今年に入って急に色々な口実をつけて、融資の蛇口≠絞り始めた。うちも融資引き上げなどが相次ぎ、正直身動きがとれない状態だ」

そうした中でも、とくに金融機関が融資を渋っているのが不動産セクターである。

東京アウトローズさんちでゼファーの破綻についてやってるんだが、ゼファーというのは金主元がSBI北尾で、まぁ、アレだ、北尾がカネを出さなかったから潰れたわけだ。

で、北尾に限らず、投資ファンドにまわって来たカネが急速に萎んでしまい、なので次々に不動産屋が破綻して行くというわけなんだが、景気が悪いのは不動産屋だけじゃないよ、と、Nevadaさんちです。


また、【名古屋】も異常な落ち込みとなっており、今後日本国中で消費不況の嵐が吹き荒れるかも知れません。

その名古屋ですが、今日の日経新聞雑誌広告の中で【米国トヨタが営業赤字】という大見出しが掲載されていましが、既に【トヨタ】の関連会社の輸出向け担当の期間工が急減してきているといわれ生産調整が始まっておりこれが影響しているのかも知れません。

<トヨタ不況>が名古屋を襲うかも知れませんが、超優良会社の【トヨタ】が苦境に陥れば、日本はどうなるでしょうか?

日本中が大不況の嵐に襲われるよ、と言ってるんだが、考えてみればその予兆は秋葉原七人殺しで出ていたわけだ。

派遣工が全員クビになるというのは、雇用調整そのものであって、毎日うるさいほど募集していた派遣屋のCMも消えるし、関東自動車の社員は遠く南米ブラジルの地に長期出張だし、ウチの会社はもう何ヶ月も誰も辞めないので募集広告出さなくても間に合ってるし、コレを「不況」と言わなきゃ、世の中に「不況」なんかないです。

で、何にでも理由というのはあるもんで、不況にも理由がある。もちろん、その理由というのはアメリカです。

サブプライムローンなんざ、実は氷山の一角に過ぎないわけで、もっと根深い構造的な問題があるわけだ。

で、
海外に流出している住宅ローン証券、国債、社債を含む米ドル建て証券(推計で2000兆円以上でしょう:わが国だけでも620兆円を持ちます)が放出される時期が、刻一刻と近づいている感じです。

毎度お馴染みWalk in the Spiritさんちによれば、だ。アメリカから海外に流出しているドル建て証券が2000兆円だそうで、その1/3を日本が抱えているのだそうで、その中には
イラクの総戦費(10年で300兆円)なんてぇのも含まれるんだろうが、もっとも、その2000兆円がすべて「借金」というわけではない。

純粋な借金は「純債務」という額で、コレが300兆円ほど。その差額ばどこに行ったのかというと、ファンドで世界中に投資されて廻ったりしているわけだ。日本がアメリカに600兆円貸したら、それが逆流して日本で荒稼ぎという構図で、自分の墓穴を掘っている死刑囚みたいなもんだが、そのアメリカが急速な信用収縮で、借金の清算をしなきゃならなくなって、結果として日本でも外資が次々に手を引いて不景気到来と、まぁ、そんなわけです。

で、サブプライム問題はいつまで続くのか? という話なんだが、そんなモノはとっくに終わっているんで、今のはサブプライム問題じゃないです。

完全に不動産バブル崩壊不況だな。「落ちるナイフを素手でつかむ」という言葉があるんだが、株だったら先物とかあってヘッジされてるんでまだしも、不動産市場には先物がないんで、下落はじめたら怖くて誰も手を出せないわけです。しかも、どこまで損失が膨らんでいるのか、誰も知らない。

筆者は、米国の信用不安が峠を越すのは3ヶ月後の10月頃と見ている。理由の一つは、サブプライムローンのピークが06年の8月であり、2年後の08年8月がサブプライムローン破綻のピークと見ていることである。

また地方銀行の信用不安もこれからもっと大きくなる。さらに改定会計基準が7月から適用され、次の7〜9月決算から大手銀行のSIVが連結される。このSIVは大量にサブプライムローン関連証券などの不良資産を抱えている。

SIVは大手銀行の特定目的会社であり、実質的に銀行の投資部門を担ってきた。しかしこれまで銀行は実質的に子会社のはずのSIVを連結決算から外していた。

経済コラムマガジンさんちによれば、不良資産は子会社に隠してあるそうで、日本でもあったな。「トバシ」ってヤツだ。アメリカは四半期決算さえ良ければすべてヨシという国なので、ちょいちょいと先送りにしてガッポリ退職金せしめて逃げる事ばかり考えているわけだ。

で、その子会社に隠した不良資産が出てくるのが次の四半期決算なので、サブプライム問題はそれまでは片づかないというんだが、子会社に隠せなければ親戚とか他人会社にでも隠すので、どこまでも信用できないです。

posted by 伊藤園 at 16:28| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。