2008年08月09日

グルジア戦争

スターリンがチェチェン人などをシベリアに強制連行

チェチェンの隣の北オセチア(親ロシアのオセット人)がチェチェンを併合

スターリンの死後チェチェン人が戻り、領土奪還のため北オセチアと紛争に

ソ連が崩壊しグルジアが独立

グルジア領内の南オセチア(オセット人が多数派)がグルジアからの独立を宣言

グルジアと南オセチアで戦闘状態になるが停戦、南オセチアにはロシア軍が駐留

グルジアから南オセチアへの供給がストップ、組織的な密輸の拠点に

チェチェン独立派(親アルカイダ)が北オセチアで小学校占拠事件など周辺地域でテロ活動

ロシア軍がチェチェンへ侵攻

グルジアが南オセチアと交戦、国家総動員令を発令

ロシア軍がグルジアへ侵攻、南オセチア州都ツヒンバリで市民数百人が死亡

※グルジアはカスピ海から地中海を繋ぐロシアもうらやむ石油パイプラインを保持
posted by 伊藤園 at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。